コロナウイルスによる武漢が及ぼす経済への影響

 

1月末にコロナウイルスに関する香港での影響という記事を書きましたが、それから2週間で死者がSARSを上回る人数になり、影響が更に拡大しています。

香港でも2/8から遂に中国本土からの入境する全ての人を14日間の強制検疫を行う旨が発表されました。

そんな中、2/10から多くの省や都市が事業を開始していく予定をしていますが、武漢を始めとする湖北省の多くの都市は事業開始の目処は全く立っていないと聞きます。

今日は武漢経済がマヒする事による中国経済全体への影響を考えてみようと思います。

 

スポンサーリンク

武漢ってどんな街?

 

 

武漢は長江の中流域の湖北省東部に位置する都市です。

また武漢は3500年以上の歴史を持つとされる古都で、『三国志』の舞台の一つである『赤壁古戦場』がある場所で、長江を下る『三峡下り観光』の拠点ともなっている歴史と文化の都市です。

人口は1,089万人で中国で8番目に人口が多い都市です。日本との関係は大分市と姉妹都市となっているようです。

経済面からみてみると「中国都市総合発展指標ランキング」では第10位にランクインしています。また、GDPベースを見てみてますと13,410億元(約21兆円)と都市別で第9位となっていることからも大都市である事が見て取れると思います。

 

 

武漢の主要産業は?

武漢は2018/11に中国国務院から長江中流都市群の発展を牽引する方針の中で中心都市に選ばれており、長江経済ベルトの改革開放深化と新型都市化推進の重点地域として認識されています。

そんな武漢は中国でも有数の工業基地であり、鉄鋼・自動車製造・光電子・化学・医薬などの工業体系を有しており大規模な製造会社や工場があります。

武漢に本社所在地を置く中国企業

・東風汽車(中国国有自動車メーカー。 上海汽車、第一汽車と並ぶ中国の三大国有自動車メーカーのうちの一つ)

・烽火科技(通信システム設備や光ファイバー、ケーブル、デジタルネットワーク機器などを製造)

・長飛光繊(光ファイバー製品の製造で中国最大手)

日本からも自動車部品関連の製造業を中心とした約200社が進出しており、中国国内企業以外にも影響が出てくるのではと思います。

 

スポンサーリンク

武漢経済の停滞が招く影響度合い

2、3月は武漢にある工場はほぼストップである可能性があり、今年の夏頃までは6~7割の稼働率(SARSは発生から終息宣言まで約7か月掛かっており、今回も同じような時系列で進むと仮定した)になるのではと思います。

この一連の危機が招く中国経済への影響としてGDPが10~15%ダウン、経済成長率が6%目標から5.5%程へ加工するのではという報道もあります。

中国としては米中貿易戦争・香港デモと経済成長を足を引っ張る問題に更に追い打ちをかける状況となっており、経済成長が鈍化すれば、現政治体制へ不満が向かう事にもなりかねず非常に難しい年のスタートになったのかなと感じています。

 


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sasayoyo/rinablog.site/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26
海外生活情報