香港で貯蓄性生命保険ってどうなの?~実際に購入してみました~

 

2019年の夏頃に香港で資産運用の一環として加入した貯蓄性生命保険のお話をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

貯蓄性生命保険に興味を持った理由

以前は生命保険と聞くと日本でのイメージ(貯蓄性の側面もあると謳ってはいるものの資産運用視点で見るとあまり魅力的ではなく、あくまで本来の目的としての万が一の為の保険である)が先行していて、資産のポートフォリオを考える上で正直あまり興味はありませんでした。

ただ、香港で生活するようになってから友人などから当地で購入できる生命保険は資産運用面でのリターンも見込めるのでお勧めという話を聞く機会が何回かあり、日系の保険エージェントと会ってみる事にしました。

 

日本の保険と具体的に何が違うの?

基本的な補償としての保険は日本でも香港でも加入する保険に違いはありません。また米ドル等で他国通貨で持つという日本円以外で資産を持つというリスク分散の側面も両国では同じです。では実際に日本の保険となにが違うのかといいますと、

・保険会社や商品自体が日本と比べて多い

日本に比べ保険法が香港の方が緩く、保険会社自体が香港の方が多いらしく、扱う事が出来る保険商品も多様であるようです。勿論多様である=しっかりした商品を選ばないと損をする保険を選んでしまうリスクも高まるという事にもなります。

・名義変更して子供の世代に引き継ぐ事ができる

もし、幸いにも保障としての保険をしたり、資金が必要があり途中解約したりすることが無かった場合、名義変更し子供に引き継ぐ事が出来ます。これは資産相続の面からいうと非常にメリットがある事ではないのかなと思います。

・解約時の解約返金率が高い

これが私が購入を決断した際の一番の要因となります。次項にて詳細を掲載しましていますが、香港で加入した場合は資産運用商品として十分検討余地のあるリターン(長期保有して利益率を確保するという点では投資信託に似ているかもしれません)を期待できると思います。

 

30代半ばで加入した際のシュミレーション

下記、30代半ばで加入した際の経過年度別の期待リターンとなります。香港加入の場合は「悲観シナリオ」、「標準シナリオ」、「強気シナリオ」の3パターンあります。ご覧の通り、悲観シナリオでも平均増加率が4.54%と日本加入の場合に比べて多い事が分かるかと思います。

 

 

スポンサーリンク

海外(香港)で加入する際に気を付けておかなければいけない点

・解約時の税金に対する対応

昨今、日本では(グローバル全体でですが)個人が海外で保有する資産情報を把握し、税金をしっかりと徴収しようという流れになっています。その中で香港で持っている保険を売却した際には売却益に対する納税を日本にて行わないといけなくなります(恐らくその時点でどの国に居住しているかにもよるのではと思います)

・2047年の香港の一国二制度が終わる事による保険制度の変更の可能性

これはまったく現時点はわからない事ですが、2047年に英国と中国によって取り決めがされている香港の一国二制度が終了する時点(もしかするとそれより以前に何かしらの影響がある可能性がないとも言えません)で香港での保険制度・法律が変更する可能性もゼロではありません。保険制度が中国と同じものになったり、全く別の制度が制定されて資金持ち出しの制限がかかったりと何があってもおかしくないと昨今の香港情勢から考えると感じます。

私自身は明日いきなり制度が変更されるという事は現実的には考えにくく、変更の通知があり解約や換金に困難が発生しそうな事情になったら即時対応できる体制だけ整えておけばリスクヘッジはできると思い、購入を決断しました。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sasayoyo/rinablog.site/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26
資産運用