米国不動産購入体験記(③購入手続編)

 

皆さん、こんにちわ!2回に渡ってお送りしてきた米国不動産体験記も今回でラストの「③購買手続編」です。

①都市選定編」と「②物件選定編」をまだご覧になられていない方はそちらも是非見てみてくださいね。

 

スポンサーリンク

エスクローを開く

エスクロー、、私も購入する際に初めてこの言葉を聞きました(勉強不足でスイマセン。。)多分日本で不動産を購入する際には登場しない役割だと思いますが、簡単に言うと売主と買主の間に入って公平な立場で契約手続きを代行する会社の事を指すのだそうです。手続きを安全、公平に進めてくれるだけでなく、登記履歴の調査手配、ローン銀行との仲介から、登記、購入代金の振り分けまでの一連の業務も実施してくれる頼もしい存在なんです。そんな彼らに手続きを始めてもらう事を「エスクローを開く」といいます。

 

契約書にサインするまでにする事

エスクローを開いたら、契約書にサインをするまでに様々な検査や書類上のチェックを行います。勿論自分でするのではなく、各分野のスペシャリスト達にお願いする事になります。

・ホームインスペクション(物件の健康診断です。物件全体のコンディションに問題がないか、特に水回りや電気系統を専門のインスペクターに依頼します)

・タイトル調査(物件の身分調査です。現在・過去の所有権や抵当権を調査し、物件に不明な抵当権や第三者が関わっていないかどうかなどを確認。これもタイトルカンパニーという会社へ依頼)

・シロアリ検査(米国でもシロアリは不動産にとって大敵です。しっかり調査しないと購入後にシロアリ問題が発覚したら大変なロスを被る事になります)

・ファナイルウオークスル―(所有権が譲渡される前のオンサイトでの最終確認。事前のホームインスペクションで修理依頼をした部分があればそこが直っているか、前回から新しく発生している破損がないか等を確認します。私はタイミングが合わず立ち会う事が出来なかったのでエージェントの形に依頼しました)

 

スポンサーリンク

署名&エスクローのクロージング

上記が問題なく無事に済めば最後に契約書への署名をします。書類へ法的効力を持たせるため公証人(Notary Public)の前で署名をします。私は公証人に自宅に来てもらい、その方が見ている前で署名しました。量がかなり多くて(タウンページの半分位?)びっくりしましたが、一応一ページずつ内容を確認しながらサインをしていきました。サインをしていく毎に自分がオーナーになるんだと実感し始めたのを覚えています。

それが終わってエスクローへ必要な費用(購入代金(これはローンを組んだので銀行から)、融資手数料、エスクローへの費用を含めた契約諸経費など)を支払いエスクローをクローズします。この日を持って正式に所有権が譲渡され晴れて物件のオーナーとなります!!

下記がエスクローを開いてからクロージング迄にかかった費用になりますが、大体物件価格の5%(初年度の保険等も含む)になりました。

 

 

今後、米国で不動産を購入する事を検討している方がいらっしゃいましたら是非参考にして頂ければ幸いです。

以上で米国不動産購入体験記は終了になります、ありがとうございました!


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sasayoyo/rinablog.site/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26
不動産関連